今のジャンルはバラ庭

2019年バラ栽培にはまった神奈川県民

ブランドゥブルドクベール開花

大風対策も今年は今のところうまくいっています。この調子でいきたいです。

気温が低いのと、我が家は標高と日照のせいでしょうか、ご近所より開花がさらに遅いです。バラの蕾がどんどん膨らんで、毎日なんどもワクワクしながら見て歩いてます。

 

ブランドゥブルドクベール、これは開花と言っていいのかな、いいことにしよう。

 

早咲きのマダムジョセフシュバルツ(ホワイトデュセスドブラバン)も、明日には開きそうです。

 

毎年GWに咲く、我が家のシャクナゲ

今年はバラの開花が遅いので、緑のグラデーションにシャクナゲの赤だけが映えて嬉しいです。

 

マザーズディが1輪咲きました。

 

クサソテツが美しいです。

 

クサソテツの左奥にホスタ サガエを地植えしました。

去年西日が強く当たる所に鉢植えを置いていたら、白い覆輪が溶けたので、日陰がちな場所に移動してみました。サガエ右の小さいホスタはファーストフロストです。色がそっくりで親子みたいです。

 

西の花壇もバラの蕾がいっぱいです。

 

北側フェンスのハニーサックルつぼみと左に群舞のつぼみ

 

ガーデンダイアリーという雑誌で知った、隣町のバラフェンスで有名なお宅というか病院の前を、車で通りかかりました。まだ開花していなかったのですが、フェンスの誘引の様子が我が家とはレベルが違い過ぎて素晴らしかったです。あんな素敵な病院、わたしも通院したい!でも、隣町に自分で運転して通院できる位健康なら通う理由がないなと思いました。