今のジャンルはバラ庭

2019年バラ栽培にはまった神奈川県民

横浜イングリッシュガーデンに行ってきました

「草が好き」さんの記事を読んで、私も行きたい熱が高まり、横浜イングリッシュガーデンに行ってきました!

kusagasuki.hatenablog.com


しかもガーデニングに全く興味のない夫が、連れてってくれると言うので、喜び勇みすぎてカメラも携帯も忘れるという大失敗。でもいいんです、心のアルバムにめちゃ保存しました。また後日一人で行きます。
そして素晴らしいレポートは皆様にお任せし、夫が撮った画像で記録します。

入ってすぐの大アーチ(見上げてるから暗い)

手前の部分はポールズヒマラヤンムスクと、なんだっけなあアルベリックバルビエの枝変わりのようなピンクのバラでした。
奥の淡いピンクのバラはローラダボーです。グリーンアイが可愛い!花弁が小さくて可愛い!ローラダボーの素晴らしさに気付かせて貰いました。河合先生の、このランブラーを2,3種類合わせる品種のセレクトがすごく好きです。

マニントンモーブランブラーとアルベリックバルビエ(多分)

マニントンをアーチやフェンスに誘引されているお宅の動画や雑誌は時々お見かけしていましたが、実際見ると繊細な花弁で素敵ですね。

上の2枚は頼んで撮って貰った画像ですが、あとは夫が気に入ったんだろうシーンです。

バーガンディーアイスバーグって画像より実際見たほうが綺麗なんだなあ~!と思いました。

あとギョリュウバイが見事でした。

エントランスのバラ

夫がしきりに感心してました。

植栽全てが良かった

撮ってないけど、ジャーマンアイリスが盛りで、エリアテーマ毎バラに合わせたカラーのものが植えられていました。茶色のジャーマンアイリスなんて初めて見ました!

うちの夫に限らず、男の人は赤いバラ好きですね。
奥のときめきガーデンという、赤いバラが集まってるエリアでは男性陣が沢山写真を撮ってました。

入り口の植栽

満喫して帰ろうとしたら、ワオ!生・河合伸志先生がいらしたので、おおおと慌てて手の消毒して、消毒してきたので握手して貰って良いですか、などと言って図々しく握手して頂きました。嬉しい!
知ってたけど先生私より全然若かった。ありがとうございました!