今のジャンルはバラ庭

2018年庭作り・2019年バラ栽培にはまった神奈川県民

2020春レッチフィールドエンジェルとウォラトンオールドホール

写真をきれいに撮るのが難しい、特に白いバラのアップが難しいです。

ペールオレンジのバラだと、見た時の印象通りに撮影出来ているような気がします。

 

レッチフィールドエンジェルf:id:HHnavyhat:20200520151211j:plain

左下の咲ききったレッチフィールドエンジェルも好きです。

f:id:HHnavyhat:20200520151645j:plain


このバラの育て方を読むと「横張りなので間隔を広めに」と説明されていますが、花芽を付けた枝の伸び方が横張りなんだなと分かりました。

f:id:HHnavyhat:20200520153110j:plain

 

ウォラトンオールドホール

f:id:HHnavyhat:20200520151542j:plain

この画像は去年大苗で購入したこの株の、2つ目の花です。

枝振りの豪快さも丈夫さもワイルドで好ましい。

ミルラの香りがとても良いなと思います。

新芽の先がほのかに赤くてバラの花に似合う。

どんどん新芽出すのにすぐチリチリになるところが突っ込み待ちですか、という感じで愛らしい。


ウォラトンは開花本番はこれからです。


ペールオレンジ仲間のジュードジ・オブスキュアは、蕾が固いのでこれからです。



アカンサス ホワイトウォーターが蕾をつけました

f:id:HHnavyhat:20200520180257j:plain

よく見かけるアカンサスモリスと比べてかなり小ぶりだし、真夏に一度地上部が消えるし、植栽としてはどう扱って良いのか迷う植物ですが、眺める分にはきれいだし楽しいです。


覚書

岩の横に植えたスティパ エンジェルヘアーが、モリモリ育ったモナルダアナベルに完全に隠れてしまったので、小道の脇に植え直す。

ブロック塀際に植えたアスチルベのうち一つが育ちがイマイチなので、同じく小道、脇に植え直す。

サンヨール+スカッシュ+アビオンE散布

ジュビリーセレブレーションとオール4ロマン挿し木