今のジャンルはバラ

2018年庭作り・2019年バラ栽培にはまった神奈川県民

フランシスデュブルイとプリンスジャンデルクセンブルク

バラの家さんのワゴンセールで注文したバラが届きました!!ワーイ!!!

フランシス デュブルイ
Francis Dubreuil ティーローズ 1894年
作出者が自分の名前を付けるのもわかる美しさ(バラ園で見て佇まいに惚れたので)

f:id:HHnavyhat:20191112205413j:plain


プリンス ジャン デ ルクセンブルク
Prince Jean de Luxembourg
ポリアンサローズ 1926年

f:id:HHnavyhat:20191112205343j:plain


並んだ所
f:id:HHnavyhat:20191112203359j:plain
中央のは先日の切り花のバラ


フランシスデュブルイが欲しくてバラの家のサイトを見ていましたが、ワゴンセールを開催すると知って一覧をずーーーーっと見ていったところ、商品ページでなんの情報もないこの白いバラが気になってしまいました。
google文字検索で出てくるのはジャン大公で、バラはバラの家の販売ページだけ、インスタグラムハッシュタグ検索で、ようやくマドリッドの植物園?研究センター?の画像が1件出てきました。
マドリッドのReal Jardin Botanicoの記事によると、作出者はルクセンブルクのSoupert & Nottingだそうです。クロチルドスーペル(粉粧楼)と同じですね。


www.instagram.com

追記 もうお一人育てている方見つけた
https://www.instagram.com/p/B3RKY_AAcZR/?igshid=1aeick0md87qb

ポリアンサローズならきっと難易度高くないだろう!多分一季咲き!と思って注文しましたが、満開の株が届いたということは、返り咲きか四季咲きなんですね。
うちに来てくれたバラの中で一番小さい花と葉です。花の直径は2.8cmです。

フランシスデュブルイは蕾が一つ付いてて嬉しい😄

ルクセンブルクについて何も知らなかったので、(ジャン大公のお顔は知ってた)Wikipediaで基礎中の基礎知識を読ませて貰いました。神奈川県とほぼ同じ大きさ、20年間GDP世界一、世界唯一の大公国、etc.

バラは面白いですね

覚書
堆肥4袋
カーポート花壇を土のかさ増し出来るようにベルギーレンガ赤46個購入、2段で良さげ