今のジャンルはバラ庭

2018年庭作り・2019年バラ栽培にはまった神奈川県民

そしてうちの庭

秋の横浜イングリッシュガーデンに行って(一つ前の記事)私が樹勢コントロールなんて無理だな!!と妙に安心して帰宅出来たのが成果でした。

うちの今現在
アーチの向かって右側が今年新苗でうちに来たジャクリーヌデュプレ、左側は訳ありB品大苗で来たピエールドゥロンサールです。

f:id:HHnavyhat:20191030160546j:plain

ロンサールは2、3年後には2階のテラス這う事になるんじゃないかな……来年外壁塗装の予定なのでちょっと成長待ってて欲しい。

土が乾くのが早いのが気になってて、ついさっき10号に鉢増ししたロマンティックチュチュ(今年新苗で来た)

f:id:HHnavyhat:20191030160847j:plain

伸びた枝をアーチに適当に結んだ私が悪いんだけど、枝分かれしたのがまっすぐ上に80cm位のびています。
花は一つしか咲かないで、エネルギーを全て枝の成長に使いたいそうです。


大苗で来たラレーヌヴィクトリア
1.5mは軽く超えている
f:id:HHnavyhat:20191030161229j:plain


初期成長がゆっくりって書いてあったクリスティアーナ
花は3つ咲いてくれたけど、枝ぶりにエネルギーを使いたいそうです。160cm超えです。
f:id:HHnavyhat:20191030161505j:plain


ウォラトンオールドホール
f:id:HHnavyhat:20191030161709j:plain
この子も枝にエネルギー使いたい派
170cmはある。斜めってるけど。

本には『花に栄養がいかないからシュートは途中でソフトピンチ』『伸び過ぎたら折る、切らない』『生育初期は光合成を最優先で葉を多く持たせ育てよう』初心者向けに親切に書いてくれているのにもかかわらず、どれが最優先なのか迷ってしまい、まあ花も咲くしこれで良いか、うーん、でも良いのかな??と思ってました。
横浜イングリッシュガーデンに行って、まあいいや、来年も再来年もあるさ、というおおらかな気持ちになれました。行って良かったです。

地植え勢ではボレロ、ジュビリー姉妹、シャーロット、レッチフィールドエンジェルはこんもりとバランス良い樹勢で育っています。


鉢植えのバラも想定内の成長をしています。
クレアオースチン以外は。

f:id:HHnavyhat:20191030164423j:plain

この子も誘引しないと。
花が全部地面すれすれの所まで枝を下げて咲きます。



右上から鉢に移したサガエ
地植えのパトリオット
鉢に移したアビクアドリンキングガード
鉢植えのプレイングハンズ

f:id:HHnavyhat:20191030161933j:plain

横浜イングリッシュガーデンのサガエもほぼ紅葉?枯れて?いたので、この子は早く冬仕度するのかと安心しました。
プレイングハンズは手触りが万年青っぽくて硬いです。成長ゆっくりらしいです。

覚書
10/31
堆肥3袋鋤き込む
ダコニール散布 
イキシアビリディフローラ球根植える
ミラビフロラさらに一つ球根掘り出して、別の場所に2つ植える
アリウムザーミン発芽してた
デルフィニウム3つ発芽
クラスペディア2つ発芽
ニゲラ相変わらず一つしか芽が出ない